Hatena::Groupecon

少し経済 このページをアンテナに追加 RSSフィード

東大日次物価指数
FAQのようなもの
当面は、四課題があったっけか。 QLOOKアクセス解析
  1. 佐藤正隆の経済論:プラザ合意後に日本の国内物価が下がらなかったのが問題だった。
  2. 比較優位とは。絶対優位とは。
  3. 槌田敦の漁業国・農業国。グローバル化、自由化、鎖国。
  4. ×いいものを安く、、?
  5. 不経済の研究。不経済な研究。トリビアで生計をたてる
犀 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe
記事一覧 近コメ 近トラ
 | 

2011-05-30

太陽電池グレードシリコン結晶成長の主要なコストは、石英るつぼ

| 02:55 | 太陽電池グレードシリコン結晶成長の主要なコストは、石英るつぼ - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - 太陽電池グレードシリコン結晶成長の主要なコストは、石英るつぼ - 少し経済

目次

太陽電池グレードシリコン結晶成長の主要なコストは、石英るつぼのコストであり、るつぼの品質と寿命がシリコン結晶成長の歩留まりに影響する。バリウムを石英るつぼの内表面にコーティングすることで、るつぼの品質と寿命を大幅に向上させることができる。

CiNii 論文 -  効率的なチョクラルスキー法による太陽電池グレードのシリコン成長(<小特集>Si系単結晶・多結晶)

みずほ情報総研「太陽光発電のライフサイクル評価に関する調査研究」(NEDO報告書 No.20090000000073)

| 02:27 | みずほ情報総研「太陽光発電のライフサイクル評価に関する調査研究」(NEDO報告書 No.20090000000073) - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - みずほ情報総研「太陽光発電のライフサイクル評価に関する調査研究」(NEDO報告書 No.20090000000073) - 少し経済

みずほ情報総研「太陽光発電のライフサイクル評価に関する調査研究」(NEDO報告書 No.20090000000073)

管理番号 20090000000073

タイトル 平成19年度~平成20年度成果報告書 太陽光発電システム共通基盤技術研究開発 太陽光発電システムのライフサイクル評価に関する調査研究報告書

公開日 2009年08月26日

開始年 2007年

終了年 2008年

委託先 みずほ情報総研株式会社

プロジェクト番号 P07015

部署名 新エネルギー技術開発部 太陽電池グループ

和文要約:

  • 近年、太陽光発電はエネルギー・資源問題や地球環境問題への対応の観点から非常に重要性が増してきているが、太陽光発電システムに対する社会的要請をより一層高め、大量普及を実現するため、太陽光発電が有するエネルギー面、環境面の効果を定量的に評価し、周知させる必要がある。本調査研究においては、そのための手法として、ライフサイクル評価(LCA)を実施した。太陽光発電システムのライフサイクル評価は、これまでにも住宅用を対象とした詳細な分析が実施されているが、太陽光発電技術の急速な進歩を鑑みると、必ずしも現状技術を反映していないものとなっている。また、これまでに実施された評価では製造段階に着目したにとどまっているが、太陽光発電システムの使用後処理(リサイクル・廃棄段階)も含めたライフサイクル全体に対する評価を実施していく必要がある。本調査研究では、これらの点を加味し、平成18年度に検討した評価の条件に従い、5種類の太陽電池を用いた太陽光発電システムについて、住宅用と公共産業等用の両方に対し、ライフサイクル評価および分析を実施した。また、これらの結果をもとに算定ツールを作成した。

ダウンロード 1/1(3.9MB)

no title

http://www.nedo.go.jp/content/100097652.pdf

http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=ja&tl=en&u=http%3A%2F%2Fwww.nedo.go.jp%2Fcontent%2F100097652.pdf&anno=2

「太陽光発電システム共通基盤技術研究開発」

事後評価報告書(案)概要

(ⅱ)PV 環境技術の開発

①太陽光発電システムのライフサイクル評価に関する調査研究 [みずほ情報総研株式会社]

太陽光発電システムのライフサイクル評価について、住宅用、公共・産業用の両方を対象とし、現在国内で市場に出ている太陽電池種類のほぼ全てを対象とした評価を行った。 また、これまでの評価で実施されてこなかった太陽光発電システムの使用後処理(リサイクル・廃棄段階)についても考慮したライフサイクル全体に対する評価を実施した。

プロメテウス1世:薪時代「山へ柴刈りに」。蒸気機関を発明したプロメテウス2世:化石資源時代(地層時間の缶詰の開け方)

14:33 | プロメテウス1世:薪時代「山へ柴刈りに」。蒸気機関を発明したプロメテウス2世:化石資源時代(地層時間の缶詰の開け方) - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - プロメテウス1世:薪時代「山へ柴刈りに」。蒸気機関を発明したプロメテウス2世:化石資源時代(地層時間の缶詰の開け方) - 少し経済

「環境とエネルギーの経済分析」 4.2 節 エネルギー資源のプロメテウス条件

このプロメテウス1世は人類に火をもたらした最初の主体である。この薪時代は、産業 革命にいたる工業化の中での大量の伐採によって、資源の枯渇状況を生み出し、蒸気機関 を発明したプロメテウス2世たちによって新たな化石エネルギー資源の時代がもたら ...

404 Not Found

プロメテウス3世4世は?

プロメテウス1世は神話に出てくる人?かな?

プロメテウス2世は ワットとかに代表される人らのことかな? 

内燃機関 オットーとかは?

シラードは?

太陽光発電とかになるのなら 

広葉樹効用説>太陽光発電? 森林の効用カスケード

14:33 | 広葉樹効用説>太陽光発電? 森林の効用カスケード - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - 広葉樹効用説>太陽光発電? 森林の効用カスケード - 少し経済

グリーンウッド:私の論文にはむろんまず用材、つぎにパルプ、最後に発電と書いてあるのですが、読み落とされる可能性に気がつきましたので、イントロと最後の考察で念を押すことにさせていただきます。一生発電燃料でメシを食ってきた私として貢献できるとしたらマキ生焚きガスタービンなわけですから発電について書かざるをえないわけです。これをのぞいたら犬の遠吠えでしょう。何回もくりかえしますが、環境倫理に立てば石炭を燃すのは犯罪行為ですが、マキを燃すのはより罪が軽いのです。

© Greenwood Office グリーンウッド事務所 January 31, 2004, Rev. February 29, 2004

improvement jpn

その前や最中にリゾートおよび森林生態系


読書録

シリアル番号 1068

書名 幻想のバイオマスエネルギー 科学技術の視点から森林バイオマス利用の在り方を探る

著者 久保田宏、松田智(さとし)

出版社 日刊工業新聞社

ジャンル 環境

発行日 2010/8/27初版1刷

購入日 2010/09/17

評価 優


著者の指摘の通り、日本には急峻な山地に残る森林しかバイオマスは残っていないのだ。


2003年に広葉樹発電というコンセプトを本HPで発表したところ 、果樹園経営者や森林機械メーカーに在職した方々からかなりの反響を得た。

wood chip jpn

これは続”広葉樹発電”他に整理してある。

comments jpn
book 1068

太陽光発電の独走?に 待った説。 自然エネルギーの利用形態として、適材適所向き不向きがあるのでは。山地なら森林カスケード バイオマス?屋根の上なら?

| 14:03 | 太陽光発電の独走?に 待った説。 自然エネルギーの利用形態として、適材適所向き不向きがあるのでは。山地なら森林カスケード バイオマス?屋根の上なら? - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - 太陽光発電の独走?に 待った説。 自然エネルギーの利用形態として、適材適所向き不向きがあるのでは。山地なら森林カスケード バイオマス?屋根の上なら? - 少し経済

目次

室田武氏は適材適所を説いていた。

(2010年エントロピー学会の どなたかの一般講演でのフロア室田武コメントなどから やや勝手気味に再現作文すれば )

  • 太陽光発電を絶対善として それ一辺倒ってなら それは いかがか。
    • 太陽光発電の実態においてのプロメテウスの必要条件は、達成される見込みが立ったか?

      • 増産において 希少物質採掘調達や精錬から製造、配送、設置、維持、廃棄再利用までにおいて、石油LNGの消費を加速せずに無駄に食いつぶし尽くすことなく運営可能か?
        • プロメテウス2世の末裔たちは プロメテウス一世が資源ソースとした薪 森林多様性バイオマスを滅ぼしつつある。ほぼ滅ぼしきったとしてもいいくらいだ。
    • 胃袋・消化管との戦いもある。
      • 口に入るか、資本の運用電気財となるか。
      • テレビ、エアコン、LEDランプ灯って、 胃袋は空。
    • バイオマスとの戦いもある?というか、森林用材・稲わらカスケード 最後は燃料?
      • 森林との戦いもある。効率だって 実は森林とちょぼちょぼ、いや劣っているって説もある。?
  • 向き不向き、適材適所ってこともあろう
    • 太陽光発電や風車波力なら 離島とか? 電力網の及ばないところとか
    • 山間、里山なら 小水力も?
    • 屋根なら太陽光発電?
    • 直接に力学的な動力源としての風力なら 
      • 船には比較的向いているかもしれないが、
      • 自動車には不向きのようだ。
  • 帆車:
    • 列車ならどうかな、
      • 軌道でがっちり くわえ込めば?まあ無理かな?がっちりでは、強度要求から 軌道のコストや 車両も重さ的に重くなって。ってことは、船は、風圧を受け流しながら航路をふらつかせたり 船体ローリングする余裕があるからこそ 風の利用が可能ってことかな。
      • あと、ダイヤの定時運行性や 前後列車との 運行間距離の確保だって ふらふらだあ

室田説は①そもそも獲得供給見込みエクセルギーに応じてパイを小さく(/大きく?は ないか、)せねば②仮に太陽光発電由来エネルギーへの全面移行が可能としても 移行中タイムラグ分での化石資源消費加速?蕩尽にまで至らぬか?既にオイルピークは来たともいうし

つぎの定常?社会の社会運営エクセルギー流の規模は どの程度の大きさのパイと見積もりうるか。

プロメテウス一世期は まき薪でまわす社会であったようだった。

プロメテウス1世:薪時代「山へ柴刈りに」。蒸気機関を発明したプロメテウス2世:化石資源時代(地層時間の缶詰の開け方) - 少し経済 - econ

広葉樹を用材からカスケード使いまわしして最後はバイオマスなら 太陽光発電を凌駕するとかなかったけか?

広葉樹効用説>太陽光発電? 森林の効用カスケード - 少し経済 - econ

そんなこた ないか、、

まあ、どうか分からないけれども、、

もしその程度ならば

薪時代程度のバイオマス程度のソース供給の中で? 生の太陽光資源を いかに社会運営への食料・衣料・住料・冷/燃料・原料エクセルギー供給のパイとして暮らせる構造に暮らしを作っていかなきゃ?

ってか、江戸時代ごろまでの稲わら麦わらカスケード経済。

でもそうなると 組織構造体原料マスとして 森林が供給源となる、、

②太陽光直接由来エクセルギーへ全面移行するまで、Photovoltaic設備生産に関わる過程で いくばくかの化石資源消費がすすみ その程度は蕩尽に至るほどにはなりはしないか? 



武田説を援用して こども、リスの意見を採りいれれば


リゾート効用、生態系効用

木登りの効用

枝にブランコ

どんぐり拾い、リスのどんぐり埋め、

マグネシウム サイクル論者は言う

矢部 孝 

太陽電池で太陽エネルギーを利用するという話もあるが,現在の太陽電池では,それを生産するエネルギーの方が,太陽電池が寿命の間に太陽から受けるエネルギーを上回ると推算されている。

no title
 |