Hatena::Groupecon

少し経済 このページをアンテナに追加 RSSフィード

東大日次物価指数
FAQのようなもの
当面は、四課題があったっけか。 QLOOKアクセス解析
  1. 佐藤正隆の経済論:プラザ合意後に日本の国内物価が下がらなかったのが問題だった。
  2. 比較優位とは。絶対優位とは。
  3. 槌田敦の漁業国・農業国。グローバル化、自由化、鎖国。
  4. ×いいものを安く、、?
  5. 不経済の研究。不経済な研究。トリビアで生計をたてる
犀 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe
記事一覧 近コメ 近トラ
 | 

2011-06-08

管総理のPVコストペイバックタイム計算 12年、、(ただし 10年目20年目のパワーコンディショナ交換分を見込んであるかどうかは 不明。あと金利やら電力料金上昇下降やら)

| 14:10 | 管総理のPVコストペイバックタイム計算 12年、、(ただし 10年目20年目のパワーコンディショナ交換分を見込んであるかどうかは 不明。あと金利やら電力料金上昇下降やら) - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - 管総理のPVコストペイバックタイム計算 12年、、(ただし 10年目20年目のパワーコンディショナ交換分を見込んであるかどうかは 不明。あと金利やら電力料金上昇下降やら) - 少し経済

総理スピーチと光起電 Photovoltaics PV2030+とから、2011年5月25日パリOECD演説時点での太陽光発電コストは42円/kWhということ想定であろうことがわかった。

太陽光発電、いま2011年42円? - 少し経済 - econ
ロードマップPV2030+に見込まれている世界市場。誰の生産?国内?海外とも? と 国内販売高 世界販売高 - 少し経済 - econ

PV2030+のモデルでは 4kW 初年度(?)200万円の設備でのコストペイバックタイムが計算され やや にごし気味に表現されている。

総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会・電気事業分科会買取制度小委員会(第13回)‐配付資料 - 少し経済 - econ

設備利用率12パーセント、日照時間は・・・

200万円÷4kWh=50万円/kWh

1kWhあたり50万円/kWhの設備とすると

500000円/kWh÷42円/kWh=11904h

年間発電日照時間が1000時間であれば、 モデルに添え書きしてある12年とほぼ見合う。

逆に言えば、12年で元が取れるように決められたのが42円/kWhであろうか。

ただし、金利やエネルギー価格の動向を 一切みていない。


ところで このモデルでの設備費には

※1 ・・・。なお、システム設置に係る金利メンテナンス費用や設置後に発生する修繕費等は考慮していない。

総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会・電気事業分科会買取制度小委員会(第13回)‐配付資料(METI/経済産業省)
総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会・電気事業分科会買取制度小委員会(第13回)‐配付資料 - 少し経済 - econ

「設置後に発生する修繕費等は考慮していない」とのことだが、

これまでのPVでは 10年目、20年目で交換が必要とされてきたパワーコンディショナの設備交換工事費が、含まれていないように見受けられる。人によってはこの2回の金額は、パネルコストにほぼ匹敵するとの見方である。

年次パネル(万円/kWh)パワーコンディショナ等(万円/kWh)
初年度350 90
10年後- 150
20年後- 150

だとすれば、パネルコスト初期設備費の6割とされるようでもあるし、この 投資回収期間はさらに6割程度のびる。

すると、

補助金がなければ 投資回収期間は 12×1.6=19.2 二十年近くに伸びる。

それでも、20年たてば コストの元が取れることになった。

ただし、金利を除くしエネルギー価格の今後のことも考えていない、、

あれ?

10年後以後で、買取保障期間は満了ですかね。その後の買い取り価格が不明ですね、

予想としては、家庭電灯電力よりは同じか高かろうが、その補填は 上乗せは どうするのかな、

10年後ならば、発電コスト単価自体は14円になっているのだから、

10年後の予想買取価格は

  • 家庭電灯電力の価格に貼り付きかな?24円/kWh?×一次エネルギー価格上昇分(石油でバレル300ドル?)
  • それとも14円/kWh?

PVの発電コストが一気に低下し しかも大量に太陽光電力があまった場合には、電力会社の仕入れ価格は 7円以下、買い取り価格は 7円以下ってことになるかな、、

もし10年後に買い取り価格が7円以下なら、元が取れるかは、怪しくなってくるかも、、

そんなに急には コスト 下がらないとは思うけれども、、

トラックバック - http://econ.g.hatena.ne.jp/raycy/20110608
 |