Hatena::Groupecon

少し経済 このページをアンテナに追加 RSSフィード

東大日次物価指数
FAQのようなもの
当面は、四課題があったっけか。 QLOOKアクセス解析
  1. 佐藤正隆の経済論:プラザ合意後に日本の国内物価が下がらなかったのが問題だった。
  2. 比較優位とは。絶対優位とは。
  3. 槌田敦の漁業国・農業国。グローバル化、自由化、鎖国。
  4. ×いいものを安く、、?
  5. 不経済の研究。不経済な研究。トリビアで生計をたてる
犀 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe
記事一覧 近コメ 近トラ
 | 

2011-06-10

エメルギー分析した高橋義文のいう “強い持続性”維持のための 必要最低限の森林生態系量確保

13:29 | エメルギー分析した高橋義文のいう “強い持続性”維持のための 必要最低限の森林生態系量確保 - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - エメルギー分析した高橋義文のいう “強い持続性”維持のための 必要最低限の森林生態系量確保 - 少し経済

高橋義文(2005):発展途上地域における農業活動の持続性評価に関する研究 : ecological footprint と emergy flow model による分析.北海道大学大学院農学研究科邦文紀要、27(1)、115-197.


森林のエメルギー量の増加は,耕種作物,家畜,農家のエメルギー量の増加を促すことから,家畜や農家の活動量は森林生態系のエメルギー量に規定されることも明らかとなった。そのため,人工資本と自然資本の代替を一方的に認めず,コンスタントな自然資本ルールに従う〝強い持続性" の観点から考えると,経済活動を含む持続的な人間活動をおこなうには,まず森林生態系の一定量(定常状態量)の確保が必要であることも明らかとなった。

404 Not Found
人工資本と自然資本の代替 - 霊犀社2

この森林を ある程度自然に任せた生態系量 としても いいのかどうなのか、、原っぱ とかでも、、

 |