Hatena::Groupecon

少し経済 このページをアンテナに追加 RSSフィード

東大日次物価指数
FAQのようなもの
当面は、四課題があったっけか。 QLOOKアクセス解析
  1. 佐藤正隆の経済論:プラザ合意後に日本の国内物価が下がらなかったのが問題だった。
  2. 比較優位とは。絶対優位とは。
  3. 槌田敦の漁業国・農業国。グローバル化、自由化、鎖国。
  4. ×いいものを安く、、?
  5. 不経済の研究。不経済な研究。トリビアで生計をたてる
犀 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe
記事一覧 近コメ 近トラ
 | 

2011-07-26

金属級珪素までの製錬の 横倒し青木図連携による図示の試み。

06:12 | 金属級珪素までの製錬の 横倒し青木図連携による図示の試み。 - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - 金属級珪素までの製錬の 横倒し青木図連携による図示の試み。 - 少し経済

目次

コークスによる還元反応は 吸熱反応が多いという。

(2011/07/22 21:32), 藤原 晶彦 wrote:

> 少し視点を変えれば原理的にはコークスによる還元はエンタルピーとして見れば吸熱反応ばっかりです。


金属級珪素製造の 横倒し青木図連携による表現を考えてみました。

横倒し青木図 (時間・第n+1次数 経過 右進行、有用性劣化 下方進行)
青木秀和『「お金」崩壊』の 図12 社会経済を見る二つの視点 を横倒しにしてみる予定。 - 少し経済 - econ

複数の有用性の連携転化

循環の図示において 実循環していない場合には 破線か何かで表現するかな?

第n次材

中国での金属級珪素までの製錬工程を図示する試み。

(2011/06/03 21:17), 藤原 晶彦 wrote:

>  金属の鉱石は酸化鉱もしくは硫化鉱に大別されます。シリコン(Si)の場合は酸化

> のケイ石:SiO2です。

>  ここから金属シリコンにする還元反応は

>  SiO2 + 2C = Si + 2CO

>  となり、1520℃で起きます。還元製錬はエルー式電気炉(埋没アーク炉)を用いま

> す。 金属シリコン 1トンあたりの電力原単位は 14,000~15,000KWH 

> となります。

           第n次材    第n+1次材
            コークス  金属級珪素
   →→→→    →→→→    →→→→
  ↑コークス↓  ↑    ↓  ↑    ↓
  ↑製造熱量↓  ↑    ↓  ↑    ↓
  ↑    ↓  ↑    ↓  ↑    ↓
  ↑    ↓  ↑    ↓  ↑珪素循環↓
   ←←←←   ↑還元剤 ↓  ↑  ??↓
          ↑炭素循環↓  ↑    ↓
          ↑  ??↓  ↑    ↓
          ↑    ↓  ↑    ↓
           ←←←←    ←←←←
(第0次)反応進行条件  二酸化炭素   二酸化珪素 
  ---------------------------------------------
   →→→→   →→→→→  反応進行環境ライン
  ↑電力  ↓ ↑     ↓ 1520℃以上の高温と電位差?
  ↑LNG循環 ↓ ↑     ↓
  ↑  ??↓ ↑     ↓
  ↑大陸中国↓ ↑     ↓
  ↑なら現状↓ ↑     ↓反応環境醸成材 
  ↑石炭電力↓ ↑     ↓
  ↑?水力?↓ ↑     ↓
   ←←←←   ←←←←←
---------------------------------------------------
ベースライン
金属シリコン(4・4・1 を1mt製造するために) 珪石2.7mt、コークス1.05mt、電力|13,000KWH、労務費400元 - 少し経済 - econ
10キロの多結晶シリコンを生産するのに2トン以上の石炭? 1000キロ=1トンの多結晶シリコンなら200トンってことだが、、 - 少し経済 - econ


コークス製造を別図で示す予定、、

原料炭                 第n次材   
 →→→→→                 コークス
↑     ↓    →→→→    →→→→  
↑     ↓   ↑コークス↓  ↑    ↓  
↑     ↓   ↑製造熱量↓  ↑    ↓ 
↑     ↓   ↑    ↓  ↑    ↓ 
↑     ↓   ↑    ↓  ↑    ↓
↑     ↓    ←←←←   ↑還元剤 ↓ 
↑     ↓           ↑炭素循環↓ 
↑     ↓           ↑  ??↓ 
↑     ↓           ↑    ↓  
 ←←←←←             ←←←←  


トラックバック - http://econ.g.hatena.ne.jp/raycy/20110726
 |