Hatena::Groupecon

少し経済 このページをアンテナに追加 RSSフィード

東大日次物価指数
FAQのようなもの
当面は、四課題があったっけか。 QLOOKアクセス解析
  1. 佐藤正隆の経済論:プラザ合意後に日本の国内物価が下がらなかったのが問題だった。
  2. 比較優位とは。絶対優位とは。
  3. 槌田敦の漁業国・農業国。グローバル化、自由化、鎖国。
  4. ×いいものを安く、、?
  5. 不経済の研究。不経済な研究。トリビアで生計をたてる
犀 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe
記事一覧 近コメ 近トラ
 | 

2012-06-19

目次

最安値品だけで 世界をカヴァーできるか? 一物一価問題?

| 07:24 | 最安値品だけで 世界をカヴァーできるか? 一物一価問題? - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - 最安値品だけで 世界をカヴァーできるか? 一物一価問題? - 少し経済

最安値品だけでは その水準そのままに世界をカヴァーできないことは確かだろう、、に


っていうのは なにか 証明みたいなことが いるかな? 検証っていうか、、

検索が得意なインターネット。最安値品だけでは世界をカヴァーできないことは確かだろう、、に。 - 霊犀社2

ある特殊な状況下において 数個の物品が 最低価格水準aでの売却が可能であった。

ジェヴォンズは TPE2での改版追加段落において 生産費が設備投資および生産を決定付ける要因に挙げているようだ。

すくなくとも 生産の皮算用においては 一定の利益率を見込んで生産に着手された。 見込み生産の場合か。

見込み生産と 受注生産とで 場合を分ける必要はあるか。まあ、わけて考えてみるか。

一物一価問題?

桑垣豊は価格の分布のことをいっていたか?

桑垣 豊

(京都産業大学)

「価格分布のある市場モデルとそれに対応するマクロ経済学探求」

プログラム
一物一価問題については、佐々木スミス三根子のインタヴュー集のどこかにあった。これか。

第3章 情報は市場の透明度を増し、利益を圧縮する エリック・K・クレモンズ/談 73-92  

 限界ありしも、情報は市場をより合理化・効率化する

 クレモンズ 理論上では、関係者がより多くの情報を保持すればするほど、市場はより合理的で効率的になると思われている。また、分配効率、つまり市場が商品やサービスを最も欲している者に分配できるほど、正しい戦略であるといえる。

この理論にはいくつか限界があり、第一が規制で、第二が広報で、第三が経済学者が「限界合理性」(”bounded rationality”)と呼ぶ物である。・・・米国では、アマゾン・ドットコムが顧客によって違った価格をつけようとしたら、猛烈な反対にあった。これは、市場は決して完全に効率的にはなり得ないことを意味している。・・・(P.77)

企業は、小さく、平たく、迅速で、透明になる?―新しい組織と経営戦略 佐々木スミス 三根子: 霊際

上宮 智之「W. S. ジェヴォンズ『石炭問題』における経済理論」

| 09:24 | 上宮 智之「W. S. ジェヴォンズ『石炭問題』における経済理論」 - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - 上宮 智之「W. S. ジェヴォンズ『石炭問題』における経済理論」 - 少し経済

CiNii 論文 - W. S. ジェヴォンズ『石炭問題』における経済理論:上宮 智之, 関西学院経済学研究 32, 189-209, 2001-12-20, 関西学院大学

CiNii 論文 -  W.S.ジェヴォンズ『石炭問題』における経済理論

私の喰いつき

ジェヴォンズ『石炭問題(The Coal Question)』(初版CQ1,第三版CQ3)といえば、室田武が取り上げたことで エントロピー学会界隈では 有名。だが、その理論展開の詳細にやら ジェヴォンズ公私にわたるその位置づけについては 私は聞いたことはあったかもしれないが 今知らなかった。

論理展開において ジェヴォンズは、

    • 限界効用を唱えた三人の一人として挙げられる、、 のだが、

石炭問題では 一貫して古典理論で押し通されている、らしい。

位置づけだが CQは

  1. 公 
    1. 国会で取り上げれらる。
    2. 石炭価格の高騰を招く。
    3. 石炭埋蔵量のより精密な調査を促す。
    1. 政治家の推薦を得て 教授職だかに ありつく

資源石炭の経済的枯渇

物理的な限界埋蔵量に対して 投入産出エクセルギー比が少なくとも1を超える必要のあることをいっているのだろうか。


地質学者ハルの 石炭の掘削作業環境温度上昇による掘削深度限界説を挙ているらしい。そのゆえんは 掘削環境の温度上昇にあるらしい。 4000フィートを超えると 高温すぎて掘削作業が出来なくなる。と。

『経済学の理論(The Theory of Political Economy(TPE))』第二版で加筆された段落

 しかし、ジェヴォンズが「価値の起源」について述べている一節において TPE第2版になって初版にはみられなかった一段落を付け足していることに注目しなければならない。彼はこの新たに加筆した段落で「労働と価値との間には2歩の段階がある。労働が供給を動かし、供給が最終効用度を動かし、これが価値すなわち交換比率を支配するのである」(TPE2, p.179, 123頁)と述べ、さらに誤解のないようにするため、この内容を次のような一種の三段論法にまとめている。

    「生産費は供給を決定する。
     供給は最終効用度を決定する。
     最終効用度は価値を決定する。」(ibid., p.179, 123頁)

長期的な視点に立つCQでは 生産費説を使用したと考えられる。


とりわけ価値・価格決定論に関しては、CQとTPEとを比較することによって、ジェヴォンズは古典派を継続する形で長期では生産費によって決定されると考えていたと解釈できよう。

CiNii 論文 - W. S. ジェヴォンズ『石炭問題』における経済理論:上宮 智之, 関西学院経済学研究 32, 189-209, 2001-12-20, 関西学院大学

CiNii 論文 -  W.S.ジェヴォンズ『石炭問題』における経済理論

Polimeni, Mayumi, Giampietro & Alcott, The Jevons Paradox and the Myth of Resource Efficiency Improvements

| 10:29 | Polimeni, Mayumi, Giampietro & Alcott,  The Jevons Paradox and the Myth of Resource Efficiency Improvements   - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - Polimeni, Mayumi, Giampietro & Alcott,  The Jevons Paradox and the Myth of Resource Efficiency Improvements   - 少し経済

http://sspp.proquest.com/static_content/vol5iss1/book.polimeni.pdf

Sustainability: Science, Practice, & Policy

http://ejournal.nbii.org

BOOK REVIEW PERSPECTIVES

John Polimeni, Kozo Mayumi, Ma rio Giampietro & Blake Alcott,

The Jevons Paradox and the Myth of Resource Efficiency Improvements

Earthscan, 2007, 184pp, ISBN: 9781844074624

Diana Bauer

 |