Hatena::Groupecon

少し経済 このページをアンテナに追加 RSSフィード

東大日次物価指数
FAQのようなもの
当面は、四課題があったっけか。 QLOOKアクセス解析
  1. 佐藤正隆の経済論:プラザ合意後に日本の国内物価が下がらなかったのが問題だった。
  2. 比較優位とは。絶対優位とは。
  3. 槌田敦の漁業国・農業国。グローバル化、自由化、鎖国。
  4. ×いいものを安く、、?
  5. 不経済の研究。不経済な研究。トリビアで生計をたてる
犀 Tw 霊際 KY Q Oj S © C Pj Pe
記事一覧 近コメ 近トラ
 | 

2014-02-05東大物価指数 FAQのようなもの。回答を掲載しております。

せっつく前原→白川バレンタイン緩和の ちょこっと規模デカくしたのがOE3とみて よろしいでしょうか? だが 1期以上続けているみたいなところが 違うかな それに$ドルだし、

10:54 | せっつく前原→白川バレンタイン緩和の ちょこっと規模デカくしたのがOE3とみて よろしいでしょうか? だが 1期以上続けているみたいなところが 違うかな それに$ドルだし、 - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - せっつく前原→白川バレンタイン緩和の ちょこっと規模デカくしたのがOE3とみて よろしいでしょうか? だが 1期以上続けているみたいなところが 違うかな それに$ドルだし、 - 少し経済

というか、今まさに現在進行形だが、

  • (うおっほ「かちゅう」ってこんな綴りか ただいま渦の真っ只中)

表題のような事が言い当てられるくらいなら 相場なんてちょろいもん?なんだろうが、、

「チョコちょ~だいよ~」

前原=白川バレンタイン緩和の ちょっこしスケール大きくしたのがOE3とみて よろしいでしょうか? 

  • たが 1期以上続けているみたいなところが 違うかな?2012年9月以来?
    • それに$ドルだし、

その間、 改革とか 何か目新しかったことは?

  • オバマケア それと
  • シェールで中東依存減って いくらか軍縮?予算上限枠やら使って、
      • そういやあ 米軍青森ミサワ基地のお祭り、予算カットで中止だったっけか
    • まあ シェールには 環境問題やら これからはパイプライン網延伸稠密化費用やらも?
    • たぶん ガスしか出なければ オイルも一緒に出る井戸でなけりゃシェールとて不採算になってきてるのでは?
      • そっか、パイプラインを引かれちゃう前に シェールガス田に工場新設立地してしまえってか?
        • あるいは シェールガス井戸がしぼんじゃう前に ホイホイ釣って 工場誘致してしまえってか?



前原ごときに脅されてのことだったのだろうか。

2012年だったっけか 白川によるバレンタイン緩和があった。

年度末の決算対策の一環であったことだろう。従来もマーケットが低位すぎるときには 出動があったかな?株価対策ってなことが期末ごろに たまに(というか ほとんど毎年のように?)言われていたような

1ヶ月半ほど 株高が つづいてたっけか、どうだったけか、いや 2ヶ月ぐらいもったっけか どうだったっけかな、、

2012年 05月 7日 19:23 JST

日経平均がバレンタイン緩和後の上昇分吐き出す、買い戻しの勢い弱い | ロイター

2012年05月28日版

 日銀は2月14日、市場の予想を覆す形で、一段の金融緩和を実行した。資産買い入れの基金規模を10兆円積み増し、1%の物価上昇をめざす姿勢を明確にすると、金融市場では「バレンタイン緩和」と前向きに受け止められた。

日銀の“恋”は破局を迎えた:日経ビジネスDigital

じつは白川は ちょっとあとで資産購入を こっそりやめていたらしい、。 ラジオで 森永卓郎がこれを指摘、批判していた、、いまやめちゃたらだめだって そういってたのにい。

うーむ。いつかはやめねばなるまいに。


バレンタイン緩和より下ること数ヶ月、これより ちょこっと規模は大きくなったようだが、

アメリカ合衆国の連邦準備制度理事会(FRB)が、2012年9月12-13日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)の後に発表した量的緩和政策のこと

量的金融緩和第3弾(QE3)とは|金融経済用語集

今回の下落局面は バーナンキのQE3、その手仕舞い過程?どこから数えるのか 基点は QE3?2?1? まあ、QE3でいいのかな、、

OE1とかQE2とかでは バレンタイン緩和ほど極端にはなってないような気もするが でも 日本株を見る限り 前原バレンタインと 似たようなものかな?どうだっけかな、

二匹目のドジョウ、 二度あることは三度ある こんどこそ三度目の正直、

世界市場に 資金が充分に浸潤 供給された後での 貸し剥がし? 資金一斉引揚げ?

あれれ? 引揚げじゃないな 蛇口をすこしずつ絞っていきますよ それだけだ、、テーパリング、、

資金導入側は 流入に慣れっこになってたのかな 一年続いたことを これからもずっと続くと思いこんじゃっていたか?

ってか? FRBでも マネーは豚積みになってたんじゃなかったっけか、、マネーサプライ どのくらい増えていたのか。もしふえているとしたならついこの間ごろじゃないのか?さあ設備投資だかでも?ってのは、

東大日次物価指数 FAQのようなもの

| 17:28 | 東大日次物価指数 FAQのようなもの - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東大日次物価指数 FAQのようなもの - 少し経済

今後は 東大日次物価指数に関するよくあるご質問 http://www.cmdlab.co.jp/price_u-tokyo/faq

をご覧ください。FAQが掲載されております。(2014年7月16日追記)


「東大物価指数は税抜きです。」(2014年04月掲載確認 http://www.cmdlab.co.jp/price_u-tokyo/)


東大指数 FAQのようなもの。(いただいたご回答を掲載しております。掲載許可をいただいております。

  1. FAQの設置について
    • 検討中です。ってことですかね。
      いただいた回答メール文面 2014/02/05
      また,FAQについても検討してまいります。
  2. 商品の減量による実質値上げへの対応について
    • 公開版では 未対応 とのこと。(回答入手日2014年2月)
      いただいた回答メール文面 2014/02/05
      東大指数をご覧いただきありがとうございます。東大物価プロジェクトの----と申します。

      商品の減量による実質値上げについては,研究レベルでは分析をしております。
      https://dl.dropboxusercontent.com/u/25133879/aepr12047.pdf

      しかし,現在HPで日々公開している指数では反映させることができておりません。将来の課題とさせていただきます。また,FAQについても検討してまいります。

      今後とも東大指数をご活用下さい。

      東大物価プロジェクト
    • ということは、増量による 過去の局面でしばしば見られた「二割増量」など、 実質値下げにも 未対応であるということのでもあろう。
  3. 東大物価指数が 遡及的に さかのぼって変更されることがあるようだが?
    • 東大物価指数は 手元に入手したデータの限りから割り出す速報性を重視している。遅れて届いたデータを加味して 日々 日次に反映している。そのため 集計結果の値が 日々 暴れることがある。速報性を重視する立場をとっている結果である。(回答入手日2014年2月ごろ)
      いただいた回答メール文面 2014/02/14
      改訂に関するご質問にお答えします。

      東大指数の原データとなるスーパーから上がってくるデータが過去に遡って改訂されることがあります。例えば,あるスーパーからのデータが何かの理由で送信されておらず,それが後日到着したために東大指数が改訂されるということがあります。これまでもそうした改訂は日次,月次ともに起きていました。政府の公式統計のように,しばらく時間がたったらもう改訂はしないというやり方もあり得ると思いますが,東大指数では,そうしたやり方をとらず,手持ちの情報を全て使ってその時々に知りうる最も正確な指数を公開するという方針をとっています。今後もその方針でいきたいと考えています。改訂に伴って数字が暴れてしまいご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが,ご理解いただければ幸いです。

「私設 勝手にFAQ の 表示例テスト」でした。

東大物価プロジェクト様より 御回答をいただきました。
http://www.cmdlab.co.jp/price_u-tokyo/

いただいた回答のうち 許可を得たもの いくつかを 掲載しようと計画しております。
( たぶん 公式版ができるまでの間 ということになると思います。)

掲載許可を まっているところです。

許可が2014/02/24下りたようです。

現今 昨10月来 直近にいたる 東大日次物価指数に思う、

| 19:45 | 現今 昨10月来 直近にいたる 東大日次物価指数に思う、 - 少し経済 を含むブックマーク はてなブックマーク - 現今 昨10月来 直近にいたる 東大日次物価指数に思う、 - 少し経済

あとひとつ 感想を述べさせていただきます。


昨2013年10月来 直近2014年1月29日にいたる東大日次物価指数が マイナスゼロの壁 というより天井に貼り付くがごとくに這っております。

2014年2月5日キャプチャー

20140205195635

これは

  • 先述の 減量による実質値上げで メーカーが対応したり、
  • 野菜なら 白菜の四分の一切り売り、袋詰め量やパックの減量

など、

東大物価センサスに 値上げと気取られぬように 絶妙に価格設定を販売現場サイドで 行っているからではないでしょうか?

購入者も 気づかぬほどのうちに いくらづつか 実質値上げを選択・Buyしていく。いやあ 何たる販売努力。たいしたもんです おそれいりました。

購入者が本当に もし気づいていないとすれば、(うすうす御存知でしょうが) たぶんこれで かなりの人数が減量に成功するでしょう。

実質値上げダイエット。日本食、恐るべし。ここまで含めて日本食?何たる健康国家!そう、日本食は からだに いいんです。

  • パッケージングダイエット?(登山征服型ダイエットのパーシャル型? どんぶりもん、カレー 一皿一丼一パッケージ)

っていうのが 以上感想でした。

(あるいは彼らは 東大物価を横目ににらみながら 価格設定しているのかもしれません。たぶんw)

トラックバック - http://econ.g.hatena.ne.jp/raycy/20140205
 |